当社について

折箱を創り続けて
六十余年

当社は昭和23年の創業以来、日本特有の食品容器である「折箱」を作り続けてきました。
当社の「折箱」の用途は駅弁に始まり、その後は一般的なお弁当のみならず、
婚礼や法要の仕出し弁当などにもお使い頂いてまいりました。
創業から60余年の現在は「折箱」を時代のニーズに合わせ、
会議・接待用のビジネス弁当から和菓子・洋菓子用の容器まで幅広くお客様にご利用頂いております。

昨今、ライフスタイルの多様化が進み、折箱においても多種多様な形状のニーズが増えています。
当社では、形状の自由度が高いPSP折箱によってお客様の多様なニーズにお応えし、
スタッフの育成と設備導入によるさらなる製造体制を整えています。
技術の高い人の手と、それをサポートする設備が整うことでできる品質にこだわり、良質な製品を仕上げています。


PageUP